いい男は仕事から逃げない

いい男に必要な絶対条件。それは仕事に対しての姿勢が真摯であること。いかに真剣かです。

仕事中イキイキした顔をしている男性は、どんな格好をしていてもかっこよく見えます。そういう人は仕事の質も、できる男であることを感じさせます。

仕事は男の本分。男は仕事から逃げてはいけない。男の人生は仕事によってつくられていきます。 「それは自分の責任ではない」「これぐらいやっておけば十分だろう」「部下や上司に恵ま れない」というのは逃げ。何か問題があれば逃げる。 「それは知らない」という言葉がいかに多く使われることか。

逃げは仕事中の男の顔を貧相にします。 仕事は人で成り立っているもの。誰かひとりの力で成り立っているわけではありません。

私は常に自分を将棋の「歩」の駒と考えています。お客さまは「王将」「飛車」「角」。そう思っていれば底辺の力が事業を動かすのです。真剣に仕事に向かっていくことができます。

20代であっても50代であっても、男の人には仕事がわかる人であってほしい。逃げないでほしい。仕事とはお客さまのための姿勢であると思うからです。

いい男は肩書に依存しない

会社での肩書は、あくまで会社の中での名前。その人個人の名前ではありません。 社長であっても、常務であっても、専務であっても、部長であっても、会社を離れてしまえば関係ない。

肩書が偉くなるほどに、肩書を自分個人の顔にしてしまう男性が増えていくのは残念です。会社を辞めてしまえば肩書もなくなる。そのことに気づいてほしい。

肩書がなくなった後まで、「自分は常務だった」「自分は専務だった」と威張るのは愚かしいことです。名刺に刷られた肩書とは、働いてきたことに対するお釣りのようなもの。その人自身が偉いわけではありません。

肩書がなくなった後は中身での勝負です。働いているときから肩書に頼らず、自分の中身を満たしていくことが大事。それができなければ寂しい老後が待っています。

肩書だけに依存して生きてきて、自分なりの生き方の美学や美意識をつくってこなかった人ほど、過去の肩書に執着します。

抜け殻みたいなものにしがみつかざるを得ない人生は寂しい。肩書なんぞなくても、「これがオレ」と言えるような生き方を目指してほしいと思います。

会社で偉くなることは大変なことです。派閥争いのなかで上司により人生が決まるとい うことは多々あります。多くの葛藤があり、ウソだろう!ということもあります。会社の なかでの汲々とした日々。一つの企業のなかで一つの駒として存在を残すことは、自分を 無にして、柔軟な気持ちを持ち、これだけ頑張ったんだからと見返りを望まない。結果を 出す。今でも私は仕事の基本はそうだと思っております。

いい男は女に優しい

私は九州で生まれ育ちました。徹底した男尊女卑のなかで育ってきました。 男尊女卑という言葉は、女性蔑視と同義ではありません。 男と女ではやるべき仕事が違い、男には男でなければできない仕事、女には女でなければできない仕事があります。女にはできないことがあるという点で、私は男性を尊敬しています。

男にしかできないこと、そのひとつが女性を守ること。
女性を守るのは男の義務、男性に守られるのは女性の権利です。この「男の義務」を果たしている男性が男だと私は認めます。
男尊女卑を勘違いして、「女よりも男のほうが偉い」と女性を見下している男性は男と しても人としても失格。職場のお茶汲みや掃除は女がやるべき仕事なんて考えてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です